→ ステップメールはビジネスを円滑に!

→ もっと詳しい情報はランキングへ!

無料メールマガジン!

最強!覚えなければ恥をかく用語集

政治・経済・IT・ビジネス・時事用語等の用語や、
有益な情報が毎週メールで配信されますよ。

メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録・解除 ID: 0000172243
最強!覚えなければ恥をかく用語集(PC版)
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■メールマガジンとは?■
メールで読む雑誌のようなもので、定期的に情報をメールで配信します。あなたはメールが届くのを待ち、それを読むだけで情報を得る事ができますよ♪

さあ皆さんもメールマガジンに登録しましょう(^▽^)

2006年11月27日

今までも株用語について色々と配信してきましたが、
結局とは何なのかという
もっと大まかな事について簡単に解説します。


◆そもそも「株」とは何?◆


株というのは元々株式会社が発行する有価証券で、
それを一般の投資家等に買い取ってもらう事で資金を集めます。

代わりに、会社が利益を上げた時や、定期的に配当金として
お金を分配したり、株主優待として特別な権利等を与えます。


株(券)を買うという事は、既にその会社の一部に
加わる事になるという事なのです。いわゆる「株主」ですね。

どんなに少額だろうと、会社に資金を提供した人の一部なのです。

株(券)とは株主が確かに資金を提供したという
証明書のようなものです。



そして株式会社とは株主で構成されている会社なのです。

その中でも一番多くの株を持っている人が「筆頭株主」といい、
最も大きな発言力を持っています。


通常は経営者が筆頭株主になっていますが、
仮に別の株主が過半数の株をおさえて筆頭株主になってしまうと、
会社をのっとられる恐れもあるわけです。

株式会社の場合は

「経営者」=「会社の持ち主」

ではなく、
会社は「株主」が持っているのです。

ただし、一般の人が買えるのは
株式市場に上場している株だけです。


「株主になって会社の一部に加わる」といっても、
一般の株主の場合会社の業績が下がろうと、
倒産しようと何の責任を負う必要もありません。

ただし倒産すればもちろん株の価値もなくなりますので、
出資した分は損失しますが・・・。


ところで株価は何故変動するのか?

発行している株には限界があります。
発行数に比べてその株を欲しい人が増えれば手に入りにくくなり、
もっとお金を出してでも欲しいという人が増えます。

するとどんどん株の価値は上がっていきます。

逆に会社の業績が悪化したり、不祥事を起こしたりすると
「この会社は危ない」と思って株を手放す人が増えます。

すると今度はどれだけ安くなっても売りたい人が増え、
株の価値は下がっていきます。

それを利用して差額を得ようというのが株式投資なんですね。


安く買って高く売る・・・言うのは簡単ですが、
実際にこれを実践するのは難しいでしょうね。


関連リンク:株初心者のネット株情報
タグ: 用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28350741

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。