→ ステップメールはビジネスを円滑に!

→ もっと詳しい情報はランキングへ!

無料メールマガジン!

最強!覚えなければ恥をかく用語集

政治・経済・IT・ビジネス・時事用語等の用語や、
有益な情報が毎週メールで配信されますよ。

メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録・解除 ID: 0000172243
最強!覚えなければ恥をかく用語集(PC版)
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■メールマガジンとは?■
メールで読む雑誌のようなもので、定期的に情報をメールで配信します。あなたはメールが届くのを待ち、それを読むだけで情報を得る事ができますよ♪

さあ皆さんもメールマガジンに登録しましょう(^▽^)

2006年12月17日

第三セクター

いまさらながらも、結局何だ?と思う方もいるはず。


◆第三セクターとは◆


国や地方公共団体 → 第一セクター
民間企業 → 第二セクター

として、
それらに代わる「第三のセクター」という意味から
第三セクターといわれている。三セクともいう。

セクターとは分野・部門等の事。


特に第一セクターである「国や地方公共団体」と
第二セクターである「民間企業」が
共同で出資して設立された法人をさす事が多いが、

外国ではNPO等の民間非営利団体をさす事が多い。


元々利益を求めるよりも、公共事業の低コスト化を目的とした
設立であるため、杜撰な経営で破綻する法人が多いようだ。


官民の両方の良いとこどりではなく、
むしろ両方の悪いところを併せ持っているとも言われている。

天下り先として送りこまれるケースも多い。


旧国鉄の赤字路線を存続させるために、
第三セクターを設立した事は有名・・・らしい。

その件からも、第三セクターとは
地方の赤字路線を鉄道として存続させるために
つくられた法人であると誤解された。

第三セクター鉄道という言葉も実際にあるようだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。